女性

中高年に多い更年期障害|悪化する前に病院で診てもらう

閉経前後に起こる症状です

困る女の人

様々な症状が出ます

更年期障害とは、女性が閉経を迎える50歳前後の時期に女性ホルモンの分泌が減少することで、身体的・精神的に不調をきたす症状のことを言います。症状の強さや発生する年齢には個人差があり、早い人では40代前半から症状が現れ始めます。更年期障害には非常に多くの症状がありますが、主に身体に現れるものと精神的な症状に分けられます。身体の症状には顔のほてり、発汗、めまい、倦怠感、むくみ、頻尿、肥満など全身に出る症状、肩こりや腰痛、手足のしびれなど運動器官系に出る症状、月経異常や性欲低下など生殖器系に出る症状、吐き気や食欲不振など消化器系に出る症状など様々なものがあります。精神的症状はイライラや睡眠障害、意欲低下などが主で、記憶力の低下により物忘れが多くなることもあります。

エストロゲンが減少

更年期障害に関係しているのはエストロゲンという女性ホルモンです。これは卵巣で産生されるホルモンで、女性らしい丸みを帯びた体形にする、性器や乳房を成熟させる、受精卵が着床できる状態を作り出すなど女性に必須な役割を担っている他、心を安定させたり骨を健康に保ったりする働きも行っています。女性に閉経が起こる更年期の時期に入ると、エストロゲンが急激に減少することでホルモンのバランスが乱れてしまいます。この乱れにより全身に様々な症状が出るのです。また仕事や家庭でのストレスが加わり症状は多岐にわたるようになります。更年期障害の治療には主に薬物療法が用いられます。薬物は症状により使い分けられますが、ホルモン薬や漢方薬などが使用されます。