女性

中高年に多い更年期障害|悪化する前に病院で診てもらう

適切な治療

3人の女性

更年期の障害

女性ホルモンの影響によって肉体的に、そして精神的にさまざまな影響があります。女性の場合は出産前後に大きく女性ホルモンのバランスが乱れることがあるので、産後体質が変わったり精神的にうつになる人もいます。出産前後の他に女性ホルモンが急激に減少する更年期に至ってもさまざまな影響があるとされています。更年期障害は女性ホルモンの一種のエストロゲンが更年期を機に減少することによって起こる障害のことです。女性ならば皆経験することですが、個人差があるので更年期障害と言っても症状が軽い場合もありますし、治療をせずに自然に治まることもあります。しかし病院で治療をしなければ悪化するひともいるので、コントロールが出来ない場合は速やかに受診しましょう。

対策

更年期障害の症状としては、ホットフラッシュが代表的な症状として挙げられるのですが、その他にも頭痛は吐き気やめまいなどの症状が起こります。普段と同じ生活をしていても疲れやすかったり、眠れなくなったり、イライラが止まらず鬱状態になったりと、自律神経が乱れて起こる症状もたくさんあります。更年期障害は本人にしか辛さが分からないので周りから理解されないこともあるでしょう。無理をしすぎると余計症状が悪化してしまいますから、ゆっくりと休暇をとることも大切です。環境を変えるためにも旅行に行くのも良いでしょう。ストレスを溜めることによって更に状況は悪くなりますから、ストレスが溜まらないように発散できる方法を見つけるのも大切です。またクリニックでは薬を処方してくれるので、安定剤やホルモン療法などを行うのも良いでしょう。