女の人

中高年に多い更年期障害|悪化する前に病院で診てもらう

メニュー

適切な治療

3人の女性

更年期障害になると様々な影響があり、自分で精神状態のバランスをとることが出来なくなるケースもあります。放置していると悪化する可能性もありますから、専門クリニックで薬を処方してもらって治療に専念するのも大切です。

詳しく見る

適切な治療を受けましょう

ハートを持つ医者

更年期障害は誰でもかかる可能性があります。ひとりで悩まず病院で適切な治療を受けることが大切です。どの病院に相談して良いのかわからない場合はインターネットで病院の情報や口コミ情報をリサーチして選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

加齢に伴う心身の不調

医者と看護師

病気の発見に役立てる

更年期障害とは、成熟した体が加齢に伴って衰えていく時期に心身の不調が出る症状のことを言います。更年期障害は、40代後半から50代後半にかけての中高年に発症が多く男性にも発症しますがホルモンバランスが大きく崩れやすい女性に発症が多いと言われています。生理が止まり、閉経となることでホルモンバランスが一気に崩れて心にも体にも不調が現れやすくなります。中高年となると、癌など様々な大きな病気が起きやすい年齢であるため体の不調を少しでも感じたら早めに医療機関を受診するようにして異常がないか検査をすることは欠かせません。ホルモンバランスの影響であって体には問題がない更年期障害ですが、病気が潜んでいることもあるので納得がいく診断結果が得られるまで検査は必要であると言えます。

漢方薬を取り入れる

更年期障害の症状は、動悸や息切れ、体の火照り、イライラや憂鬱、頭痛やめまいなどあらゆるものがあります。生活習慣を改善してより過ごしやすくリラックスした環境を整えることが大切ですが、症状が酷い時やなかなか改善しない時は無理をせず早い段階で病院を受診して薬による治療を始めたほうが良い場合もあります。更年期障害の症状の特徴として、何か一つの辛い症状が起きるというよりは気になる症状がいくつも同時に現れるということが多いと言われています。そのため、一つの症状に対して効果が期待できる西洋薬よりも複数の症状に対して効果が期待できる漢方薬を用いたほうが症状は改善されやすくなると言われています。あまり薬を沢山服用したくない場合などにも、漢方薬は親しまれています。

閉経前後に起こる症状です

困る女の人

女性の閉経前後の時期には、顔のほてりや手足のしびれ、発汗、イライラなど様々な症状が引き起こされる更年期障害にかかりやすくなります。これはエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少することで起こり、ホルモン薬などが治療に用いられます。

詳しく見る